メニューを閉じる

メインメニュー

メニューを閉じる

情報メニュー

フィリップス社 ワンデイAEDレンタル ハートスタートHS1 ▼コンテント▼
メニュー

ハートスタート HS1

AEDレンタル料金価格表ダウンロード

直感的に、素早く使いこなす

ハートスタートHS1は、直感的で素早い操作を実現したモデルです。
誰でもすぐに操作できるように、あらゆるシチュエーションを想定し、モニタリングを繰り返して完成しました。
「突然、目の前で人が倒れ、いきなり心肺蘇生をすることになってしまった」。
AEDを初めて使う人のほとんどは、いきなり人助けを迫られます。
ハートスタートHS1は、経験も知識もない人でも、AEDを見ればすぐに目につく緑のハンドルをとっさに引けば、音声ガイダンスが始まります。
音声ガイダンスに従って、直感的に動けば、素早く操作できます。

素早い操作は、蘇生率を高めます。

ムダのない構造とわかりやすい音声ガイダンス

AED ハートスタート HS1

ハートスタートHS1は、音声ガイダンスに従いやすいムダのない構造です。
「pull」と大きく表示がある緑のハンドルを引くだけで、電源が入り、音声ガイダンスが始まります。
ハンドルを引くと、そのままケースのフタが開き、電極パッドがあります。
後は、音声ガイダンスに従って、電極パッドを貼るだけです。

初めての人でも、ハンドルを引いてから、電極パッドを貼るまでに数分もかからないでしょう。

SMARTバイフェージックで、効率よく、省電力

ハートスタートHS1の電気ショックには、「SMARTバイフェージック」が使われます。
短い間(100分の2秒)に電流の流れを変えながらショックを与える方法で、ニ相性とも呼ばれます。
電気ショックを流し続けるよりも、体に優しく、電力の消費も少なくてすみます。

バイフェージックは多くのAEDに採用されていますが、フィリップス社は10年以上の実績があり、もっとも信頼できる技術と高く評価されています。

わずか1.5kgの軽さと、コンパクトな大きさ

ハートスタートHS1は、電極パッド、バッテリーも含めて、重さはわずか1.5kg、キャリングケースに入れても2.4Kgの軽さです。
サイズもA4よりも小さい、幅21.0cm、奥行19.0cm、高さ7.0cmです。
誰でも、どこでにも気軽に持ち運びができ、いざという時に備えられます。

設置場所を何度も移動したり、長距離の移動も苦になりません。
場所をとらないので、設置場所も選びません。

→詳しい操作手順はこちら!

スペック

重量 1.5kg (バッテリおよびパッド・ケース装着時)
1kg (バッテリおよびパッド・ケース非装着時)
寸法
(幅) 21.0 (奥行) 19.0 (高さ) 7.0 cm
電源
リチウム二酸化マンガン電池
医療機器承認番号
21700BZY00426000
(高度管理医療機器/特定保守管理医療機器)
製造販売業者 フィリップスエレクトロニクスジャパン
↑ 上へ戻る ↑