メニューを閉じる

メインメニュー

メニューを閉じる

情報メニュー

フィリップス社 ワンデイAEDレンタル ▼コンテント▼
メニュー

AED ハートスタートHS1

AED HS1本体の確認をしましょう

1)AED ハートスタートHS1の電源を入れます

救急車を呼び、HS1本体の上部、「pull」とある緑のハンドルを引いて起こします。
ハンドルを引くだけで、電源が入ります。
ケースの中央に、パッドが入っていることを確認してください。
それぞれのボタンの位置も確認します。

FR2はあらかじめ充電されています。AEDが使用できるときには、使用準備完了ランプが2〜3秒感覚で点滅しています。

AED FRx本体の確認をしましょう

2)HS1を使います

HS1は、緑のハンドルを引くだけで電源が入り、音声ガイダンスが始まります。

音声ガイダンスに従って、上半身の衣服を全て脱がせます。

  • ・脱がせにくい場合、時間がかかりそうな場合はハサミで衣服を切ります。
  • ・体表が湿っている場合はレスキューキットのタオルで十分に水分を拭き取ります。
  • ・上半身に薬(湿布・磁気シール)が貼られている場合は剥がしてください。
  • ・電極パッドを貼る位置に、堅いふくらみ(埋め込み式のペースメーカー・除細動器)がある場合は、ずらして貼ってください。
AED HS1付属のパッドを貼ります

3)電極パッドを胸に貼つけます

HS1の電極パッドは、ケースの中央にあり、ケーブルにつながっています。
取り出したら、貼りつけるだけです。
一つは右鎖骨の下に、もう一つは左脇の下に貼ります。


必要な場合はショックボタンを押す

4)電気ショックが必要な場合はショックボタンを押します

HS1は、心電図を解析し、電気ショックが必要かどうか判断します。

音声ガイダンスで「ショックボタンを押してください」とガイダンスが流れたら、ショックボタンを押します。
ショックボタンを押す時は、対象者から離れ、対象者の体に触れている人がいないかどうか、周囲もよく確認してください。


5)CPR(心肺蘇生法)を行います

電気ショックを行っても回復しない場合は、音声アナウンスで、『CPR(心肺蘇生法)を行なってください』と流れます。ただちにCPR(心肺蘇生法)を行なってください。

胸骨圧迫を30回、人工呼吸2回を交互に2分間行います。

6) 再び電気ショックを行う

*レンタルは1日単位でお受けします。

*ご注文は仮予約となります。
詳しくは、レンタルの手順をご覧下さい。

CPR(心肺蘇生)が終わるとAEDは再び、心電図を解析し、電気ショックが必要かどうか判断します。
必要な場合は、電気ショック、CPRと繰り返していきます。

意識が回復した場合は、回復の体位(横向きの楽な姿勢)に戻します。

救急車が来るまではAEDの電源を切らす、電極パッドは貼ったままにしておき、対象者の体位管理・観察を行い、救急隊に引き継いでください。

AEDレンタル料金価格表ダウンロード

↑ 上へ戻る ↑