メニューを閉じる

メインメニュー

メニューを閉じる

情報メニュー

救護事業部 ▼コンテント▼
メニュー

チームが使う救護物品

救急バック
救急救命士や看護師が使う救急バックです 救急バックの中には、応急処置や診察道具

救急救命士や看護師が現場に伺う際に、持参する救急バックです。ケガや急病など、あらゆる状況に備えて、必要な道具が収められています。

救急バックの中身
外傷処置には消毒薬・滅菌ガーゼ・滅菌綿球など

救急バックの中を詳しくご紹介しましょう。
外傷(ケガ)の処置には、消毒薬・滅菌ガーゼ・滅菌綿球・綿棒・巻軸帯・絆創膏・三角巾などを使います。ちょっとしたケガでも、ファーストエイドが大切です。

骨折・捻挫処置には湿布・テーピングなど

骨折や捻挫などの処置物品は、湿布・テーピング・ネット包帯・固定用ソフトシーネ・クーリング用スプレーなど。クーリングし、痛みを和らげ、固定してから病院に行っていただきます。

観察器具と呼吸補助用器具
急病の観察器具・聴診器・血圧計など

救急救命士や看護師ならではの道具は、観察器具(写真・左)や呼吸補助用器具(写真・左下)です。

呼吸補助用器具・バックバルブマスクなど

急病だけでなく、ただのケガのようでも容態を注意深く観察する必要があります。聴診器・血圧計・体温計などで、容態を把握・観察し、病院に引き継ぎます。
心肺蘇生法適用時の為の感染防止には、バックバルブマスク・ポケットマスクなどで対応します。

AED(フィリップス社)
フィリップス社のAED

心臓発作(心停止・心室細動等)に備えるAED本体です。
AED使用に特定の資格が要らなくなってから、急速に普及しています。ピースフルでは、スタッフが持ち込む以外にも、1日からのAEDレンタル・AED使用講習をしています。お気軽にお問合せください。

脊椎損傷に欠かせないバックボードとネックカラー
脊椎が損傷した傷病者を運ぶバックボード

傷病者に脊椎損傷の疑いがある場合は、バックボード(写真・左)とネックカラー(写真・左下)を使います。
バックボードは、脊椎損傷した傷病者の背骨を動かさないように固定する道具です。担架の代わりにもなり、水に浮くのでプールや海でも使用します。

脊椎が損傷した首の骨を保護するネックカラー

ネックカラー(左:大人用 右:小児用)は、脊椎損傷した傷病者の首の骨がずれないよう、首にまきます。
脊椎損傷では、いかにしっかりと固定し、迅速に病院に運ぶかで、その後の後遺症、治癒に大きく影響します。脊椎損傷の処置はピースフルの救護スタッフ育成講座でも要望の高いテクニックです。

手動吸引器
手動吸引器・口腔内の異物除去 手動吸引器・口腔内の異物除去

手動吸引器は、口腔内に吐物や血液など、手では除去できない場所や異物がある際に使用します。

 
レスキューチューブ
レスキューチューブ・海やプールのレスキューに

レスキューチューブです。プールや海でライフセーバーがレスキューチューブを片手にパトロールしているのを見たことのある方もいらっしゃるでしょう。溺者や水中にいる傷病者の身体にレスキューチューブを捲き、ライフセーバーが泳いで陸まで運びます。

医療用酸素ボンベ
レスキューチューブ・海やプールのレスキューに

高濃度の酸素ボンベです。医療従事者が必要性・緊急性に応じて使用します。

↑ 上へ戻る ↑