メニューを閉じる

メインメニュー

メニューを閉じる

情報メニュー

水上オートバイ ▼コンテント▼
メニュー

水上オートバイ講習

救助のための水上オートバイ操作が必要です ピースフルでは水上オートバイの機動性を生かし、海岸のパトロール、レスキューに活躍する専門的な技術習得と経験を積むための講習会を行っています。

ドライバーは特殊小型船舶操縦士免許をもっている人を対象にレスキューのための操船方法、水上オートバイのメンテナンスなどを学びます。

レスキュースレッドをつけた水上オートバイは、舵取りが難しく、スレッドに水難者が乗るとさらに重く沈みます。さらに海と川、湖など環境の違い、天候の変動でも操縦感覚が変わります。 また、アイドリング状態で待機する場合は、排気ガスが人にかからないように風向きや波を考える、出動時には水上にいる人の安全を確保、避難を誘導するなどの配慮も必要です。

水上オートバイのレスキューを学びますレスキュアは、水難者を安全にスレッドに乗せる方法、水上での応急処置、ほかのレスキュアとの連携などを学びます。


*特殊小型船舶操縦士免許証

水上オートバイは特殊小型船舶操縦士免許が必要です 水上オートバイを操縦するための特殊小型船舶操縦士免許は16歳から取得でき、5年ごとに更新します。 免許は小型船舶操縦士国家試験(学科と実技、身体検査)を受験するか、登録小型船舶教習所で教習を受けて取得します。登録小型船舶教習所で教習を受けると、学科と実技が免除になります。 詳しくは国土交通省のページをご覧ください。

↑ 上へ戻る ↑